いらっしゃいませ。
ようこそお越しくださいました。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
演劇あそび de つながり・・ました!

初めての演劇ワークショップ、大盛況&大成功で終えることができました。大感謝。

お陰様で、嬉しい第一歩となりました。

 

(以下、なぜか改行がうまく反映されておらず、読みにくくてスミマセン・・)

 

芝居を始めたときからずっと
「もっと多くのひとに演劇を体験してほしい」
「いつか自分でもワークショップをやりたい」
と思い続けて、はや18年(!)
満を持して、とはこのこと哉(かな)
去年の秋に図書館でふと目にしたチラシから
杉並区の企画にたまたま乗っかり、仲間に恵まれ、一人では成しえなかった質量での開催となりました。
いつやる?
何曜日のどの時間帯がひとが来やすいの?
場所はどこにする?
チラシには何を書けば良い?
タイトルは何とすると分かりやすいかな?
優柔不断で自信のない身がひとりで決めるには、さらに20年ぐらいかかりそうなところを
みんなとあーだこーだ相談することで発案から2ヶ月たらずでの実現!
ひとのちから、すばらしき。
ふだん自由にぱやぱやと生きている身ですが、大きな一歩のためにはプレッシャーも必要だな〜と改めて。・・時々でいいけどね。
諸々がようやく決まり、
一週間前の告知にもかかわらず(遅)当日は定員を超えるたくさんの方が集まってくださいました。
高校生から人生の大先輩がたまで、老若男女
ウキウキと今にも動きたそうな方から「演劇にはすごく苦手意識があって・・」という控えめな方まで
全員で2時間半を、笑いとつながりで駆け抜けました感。
しかも今回はメンバーにピアニストの出会ユキさんがいらっしゃり、なんとグランドピアノの即興演奏つきという何とも煌びやかな進行でした。
たくさんの方にお知恵をいただいて決定した今回のタイトル
【演劇あそび de つながろう 〜その.轡▲拭璽押璽爐鯊慮海靴茲Α繊
サブタイトルの「その 廚箸いΔ里蓮▲錙璽ショップ仲間のススム〜が発案してくれて、チラシに入れ込みました。
実はこれ、区の職員の方に「その△呂△襪痢ないのに書いたら混乱を招くから消した方がいい」と何度も言われ(まあそうだよね。笑
とっても気に入っていたので
「入門編という意味を込めて、はじめてのかたに気軽に来てほしいから」
「その△癲△修劉も続いていくようにという願いを込めて」と説き伏せ(あきれられ)
残させてもらいました。
結果、参加者の方から「その△發笋辰討曚靴ぁ」「是非そのい阿蕕い覗郎郤乃錣髻」というお声がたくさんあり
会話や意識の活性に繋がりました。ススム〜ありがとう!譲ってくださった職員さんも!笑
振り返りからいただいた意見で、コンテンツの更なる改良を考え出したり、プログラムの不要な部分を発見したり
まだまだブラッシュアップできそうです。
打ち上げで「石本みっちょ、高円寺に死す。と言われるぐらいこのワークショップを続けよう!」(殺された!笑)
と言われたように、この一歩が、次の一歩、その次の一歩へと繋がりますように。
楽しかった!というたくさんの笑顔と、もっと変身して自分の殻を破りたい!自分以外の誰かになりたい!という貴重な意見もいただ
しばらくは「その◆廚悗量兪曚鯔弔蕕泙擦襪戮、インプット&充電をしようと思います。
楽しくていっぱい笑った次の日は、体がよく動くにゃ〜
6秒でつくった「お葬式」のシーンより。(手前には坊さんがいます)
普段、知り合って間もない同士がこんなふうに触れ合ったり表現したりすることってないよなぁ。。
それにしても父ちゃん、いい死に顔や。笑
- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
【演劇あそび de つながるカフェ】

新年あけましておめでとうございます。

もう1月8日ですよう。

都会は時間の進むのが早くて、「正月、何それ?」ぐらいの感じで普通の日々が過ぎております。

 

12月のはじめから酒池肉林つづきで、気を付けつつも調子に乗っていたわたしは

七草粥を待たずして年始早々に体調を崩し、日々「ごめんね、ごめんね」と完全拗(す)ねモードの体ちゃんをなだめています。

もう全然無理できないお年頃。今年は一層健康に気を付けて参ろうと思います。

 

どうしてヒトには冬眠の習慣がないのだろう。切望。

 

 

さて、かねてより目論んでおりました

『社会人のかたに向けた演劇ワークショップ』

第一回お試し会の詳細が決まりました!!

う、れしい!!

 

杉並区の企画の一環で開催することになり、めちゃくちゃ頼りになる有志の方々と協働での開催です。

いろんな知恵をいただきながら打ち合わせを重ね、私の妄想を超えた良い時間になりそうな気がむんむんしています。

 

年末には彼らに参加者になってもらい、初の模擬ワークショップをしました。

シアターゲーム初体験の方が多く、1時間の体験後には「めっちゃ楽しかった!」と想像以上に嬉しいお声をいただきました。

 

「人と繋がったり、知らなかった自分を知ることができて感動した!」

「気が付けば身も心もほぐれて、みんな笑っていた」

「自分が普段いかに人の名前を呼ばないか・挨拶をしないか・目を見て話さないか、ということが分かった」と

そんなことにも気付くんだ〜とこちらが感心するご意見もあり。

 

うう、うれしい。

わたしはコレで、社会に貢献したい。

もちろんプレイヤーとして芝居をすることと共にね!

 

機械みたいに接客をする本屋の店員とか、

ホームでぶつかっても振り向きもせず猛進するおじさんを見るたびに

「わしの仕事はまだまだある!」と思えます。

 

頭じゃなく、少し体を使って

新しい世界を覗いてみたい、という方がいらっしゃいましたら

ぜひご参加を☆

 

鋭意チラシ作成中ですが、先行して簡単に詳細をば。

 

【演劇あそび de つながるカフェ】

〜シアターゲームを体験しよう!〜

 

・2018年1月27日(土)15:00〜17:30

・高円寺駅付近の公共施設にて

・参加無料・完全予約制

 

2017年は比較的地味に生きておりましたが、

今年はちょいと大きめに、やりたいこと色々やるで。

 

みんな〜、一緒に楽しいことやろう!!

 

今年も京都の芸能神社・車折さんに初詣に行くことができました。

帰りに同じ事務所ECHOESの面々と。

なんだこの海外ドラマ感。

 

 

- : comments(2) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
ちょくちょく、進捗

一気に年の瀬ですね。

ほんとは一気じゃなくて日々じわじわ来たのだろうけど、なんだろうこの一気感ね。

なんてことない1日なのに、なんだかソワソワしちゃいます。

 

この時期になると

「来年はあれもしよう、これもしよう」と期待に胸が膨らみますが

「来年は、じゃなくて今やれや」と心の中のおっさんがつぶやきます。

 

未来の自分は今より優れているような気がして先延ばしにしてしまうけれど

きっと、今の自分とそんなに変わんない。

だから今やるのだよ、ミチヨ。

 

という訳で、公言2つ

(あぁ・・・いいのか公言しちまって。いいのかぁぁぁ!と思いながら)

 

heartハートheartかねてよりお話ししていました

「社会人のかたに演劇のワークショップするぜよ」ですが

1月下旬にお試し単発をやることが決まりました。

 

杉並区の「すぎなみ大人塾」という講座を秋から受けていて、その仲間との開催です。

何をどうしたら良いのか分からなくて

「あぁもう無理かも、ニーズなんてないかも自分にもそんな度量ないのかもなみだうぅぅ〜」と腐り朽ち果てる寸前で提案の機会があり

「一緒に内容考えてやりた〜い」と興味を持ってくださる方が講座の中に予想以上にたくさんいらっしゃって、実施の運びとなりました。感謝。もう退けないことに、感謝。。

 

詳細は、年内にお知らせできると思います。

 

 

heartハートheart

3月に、お気に入りのカフェでライブをやりまーすギター

大好きな春・誕生月だからでーす

実は東京で初めてやりまーす

き、きてね(どきどき)

 

お知らせは以上2つでございます。

 

 

🌟今月は、観に行ったものすべてが心にぐっとくるもので、たくさん刺激を頂きました

◎美輪明宏さんコンサート 声のバズーカ砲を受け、気付けば号泣スタンディングオベーションしてた

◎欲望という名の電車(大竹しのぶ、北村一輝、鈴木杏)この数年で見た舞台の中でも珠玉。三人とも行き届いた見事な声!!

◎三遊亭円丈と三遊亭はらしょうの二人会 京都時代からの腐れ縁ハラダリャン企画の寄席。名実ともに成長した姿を同じく京都時代からのモリエリと横並びで見、実は二人ともぐっときてた

◎布袋寅泰ファイナル 友の導きで。こんなにかっこいい人が居るもんなの?どうなってんの??どうやったらこうなるの???同じ人間とは思えない様相に目が釘付け。帰ってwikiを読み耽り、納得

 

一年おつかれさまのご褒美を頂いたようなライブたちでしたにっこり

 

 

あたいもまた届ける側になって、パワーの循環してゆけますように🌟

 

 

 

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
鮒ずしチップス!

来た!!

来たよ来たよ!!!!!!

滋賀の誇る、大好きな鮒ずしと
あたくしゃ毎日でも食べられる大好きなポテチが
夢の合体〜heart

当面は関西だけの販売らしいので、 母に「送って!!」って頼んだらめっちゃ送ってくれた!!!

段ボール開けて笑ってもた

じゃんじゃじゃじゃーーーん

イヤこれ全部ひとりで食べるのちゃいますからね



写真手暗がりになっちゃったけど
水玉模様は美味しい卵の部分を、滋賀の「滋」は県出身の西川貴教さんが毎年主催して下さっているフェス「イナズマロック」に倣ってゲジゲジデザイン(笑)、右上には滋賀の小学生全員が乗る「湖の子」がデザインされてまっす。愛っハート

本物の鮒ずしを食べたことがない方も多いと思いますが、
鮒に塩をめっちゃまぶして漬け、後にご飯にまた漬けて一年ぐらい置いとくという珍味で、今をときめく発酵食品なのでございます。ビミ!そしてけっこうお高いのでございます。
すっぱく濃厚なチーズみたいな感じもあって県民の間でも好き嫌いが分かれますが、やはりオトナになると好きになる傾向が強く、またインテリほど早め早めに好きになる傾向があります(わたし調べ)。

 

近いとこでも、遠いとこでも

土地に関することは色々ありますが


自分の故郷を愛するように、誰の故郷をも大切に思えるひとでいたいですにっこり

 

5年前に行った、パレスチナの街の風景

すべての食べ物が最高に美味しかったよ!!

また行きたいな〜…

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
エンゲキがちょっと気になる社会人の方、インタビューをさせて下さいmm

こにゃにゃちは。

 

今日はタイトルにも書いたように、

「観る側」ではなく「演じる側」として、お芝居にちょっと興味があるかも、という方や

演じるのはためらうけどちょっとだけ気になる、もしかしたら何か変えられるのかも…とうっすら感じている気がする社会人の方がいらっしゃれば、是非ゆっくりお話を聞かせてくださいって内容です。

 

1ヶ月ほど前にお会いした方々が、続けてお仕事の悩みを話してくださいました。

「仕事先で、相手に合わせてテンションを変えるのが難しくて」

「普通のサービスだけじゃダメで、人間らしいもう一歩先のスキルが必要だと思って」

 

で、

 

みっちょ、社会人向けの演劇ワークショップってやってないの?

 

で、

 

「そうだ、社会人の方を対象にした演劇ワークショップをやろう🚄🍁」と。

 

ぱっと思いついたというよりは、実は芝居を始めた17年前から「いつかやりたい」と思い続けていたことでした。

単発のものではなく、継続していけるものにしたい。回を重ねて関わりたい。

 

そこから、知人友人に頼りまくり

ちょ、ちょっと急だけど今日電話しても良いですか?から始まり

思いつくひと、会うひと捕まえては

「どないしたらええのん?」「まず何したらええやろ?」「こんなんやりたいんですけどどない思います??」とお時間お知恵を頂戴し

 

それはなー、みっちょ

 

まず、何でやりたいのか WHY?

根っこをつくりなはれ。

とのお達しで

 

せやな、と

 

自分が演劇からもらったものは何なのか

たくさんの感謝とキラキラの中の、何を伝えられたら嬉しいのか

参加したひとがどうなったらいいと思うのか

演劇の持つ可能性って何なのか

他のワークショップや研修とどう違うのか

 

考えて考えて、ぐりぐりぐりーっと書き出したり

改めて世阿弥の本を読んだり、ファシリテーションの勉強会に行ったり

ちょこちょこ、ちょこちょこ、やってます。

 

私の人生をキラキラに変えてくれた「芝居」というものが

もしかしたら、他の誰かにも「うわぁ、私生きてる!」「わ、ちょっと仕事楽しくなったかも…」って出会いになったらとわくわく期待して

 

まずは来年の、春が付く季節の頃に

やってみたーい

と手を上げてくださる方と一緒にお試しWSをやろうと思っています。

 

へこへこのスタートだと思うんですが、

「みっちょ、ここはもっとこうしてみた方がいいと思うよ!」

「この部分は良かったから残したらええんちゃう?」とか

ご意見をたくさん頂きながら、少しずつ、作り上げていけたらいいなと思っています。

 

で、その前に

 

やはり現場の声をもっとお聞きしたくて

我こそは、ひとこと物申してやろう!という方がいらっしゃれば、インタビューをさせていただきたいなと思っています。

 

・お芝居を全く、もしくはあんまりしたことがない方

・社会人として働いていらっしゃる方

・お芝居か、ふむ…と、チョット気になる方

 

お話ししてもいいよ〜とご一報くださると嬉しいです☆

お電話かカフェかで、1〜2時間くらいお話をお聞きしたいと思っているので、遠方の方でも大丈夫◎

あと、ヒマだから石本と話しでもしてやるか〜ってのでも^^

 

あとあと、芝居がっつりやってる(やってた)けど話してみたい!という方も大歓迎です。ぜひお話し聞かせてください。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

ご連絡お待ちしております☆

 

(写真はイメージです。話聞いてるときの)

 

 

 

- : comments(6) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
演劇を使った、社会人向けのワークショップを、

「みっちょさんは、演劇を使ったワークショップを社会人向けにやったりしてないんですか?」

という質問を、全く違う方面から2日続けていただいて、へえ。と思っている。

 

それぞれ「仕事でテンションを変える必要があるけれど上手くコントロールできていない」とか「従業員の接客スキルをレベルアップさせたい」とか、細かい事情は違えど、演劇のもつ可能性を社会人や企業の方も感じていらっしゃるんなんだなぁ、と驚いた。

 

もちろん俳優の訓練と演劇ワークショップで求められることは全く違うのだけれど

根本の部分で、役に立てるだろうことは沢山ある。

外国では子供の頃から演劇の授業で人との関わりや自分の可能性を拡げることを体験することが多い。日本は演劇後進国だ。そしてすごい関係あると思うけど自殺率が高い。

演劇は、生きやすくなるためのヒントがいっぱい詰まってる場所なのだ。

 

わたし自身、暗黒の20代に演劇と出会ったことによって人生を救われたという経験があり、それは今も背骨のようにしっかりと人生を支え続けてくれている。

集団の中で自分の役割を見つける術。考えの違う人とどう話を積み上げていくのか。ラクにそこに居るということ。数え切れない学びがあったし、今もずっとある。

 

思い返せば、27歳で演劇をはじめたときから「いつか俳優で舞台に立つことと同時に、一般の人に演劇ワークショップの仕事をしたい」ってずーっと思ってた。きっと同じような誰かをラクに出来るに違いない、って。

 

それで、この2日間の質問だ。

「やぁ、学校とか企業ではやってるんですけど、そう言えば個人向けのはヤッテナイですねー」

「やればいいのに!」「やって欲しい!」というキラキラの眼差しをいただき、

 

あれれ〜

これってもしや、

 

そろそろ time has come ですか?

 

ってなってる。

 

もしや、お仕事や日常生活に違和感や不自由を感じていて

もしや、演劇の手法がその手助けになるかも、ってなんとなく思っている方がいらっしゃったら、是非お話を聞いてみたいです。

 

ワークショップはすぐに変化があるものではないかもしれないけれど

社会生活の中で固まってしまった体や心がほぐれるお手伝いが出来れば楽しいなぁ。その過程を見守りたいなぁ。

 

いや〜

 

しかしこれは、いっぱい勉強せなやな。

 

されど

 

楽しい想像しかない。

 

…これはあれやな

 

GOやで、って言われてるやつやな。

 

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
シケったケツに火をつける

こんにゃちは。

いかがお過ごしですか?

 

衆院選が終わり、台風も去り

晴れた空に強い風がびゅうと吹いています。

 

さて、これからどないして生きていこうかしらん

思いめぐらす月曜の昼下がり

 

家の中でじりじり本を読んだりネットの波にのまれていても、何も変わらんよ

 

晴耕雨読の台風一過

さて書を捨てて町に出ようのとき

 

外に出て、人に会って、人生を動かしてった方が、ここにいるよりたぶん楽しいんだろ

とりあえず外に出れぃ、出れぃ

 

我ら自営業

いっぱいガンバルもいっぱいサボるも好き好きホホーダイ

 

せっかく好きなことばっか、やってるんだもん

1日1個でも種植えて、1日1滴水やって、太陽浴びて深呼吸プハ〜

そしたらもしやそのプハが、誰かの酸素になるやもしれんし

 

などと焚き付けて

じとりと根腐れおこさぬように

長雨でシケったケツに火をつける。

 

さ、

 

動こ。

 

 

 

**出演情報**

 

中川駿監督『カランコエの花』

主人公の今田美桜ちゃんのお母さん役で出演しています。

 

先のレインボー・リール・コンペティション、京都国際映画でグランプリ受賞した

「ここ、これは!」と噂の作品です。

 

11月もえ、何これ?っていうくらい全国で続々上映されるので、お近くの方はぜひ観に来てください☆

 

11/4(土) 前橋めぶくフェス

11/11(土) はままつ映画祭

11/13(月)16:00 新人監督映画祭 

11/18(土),19(日) うえだ城下町映画祭

11/25(土) TAMA NEW WAVE

11/25(土) 横浜インディペンデントフィルムフェスティバル

 

 

 

またねー

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
『流浪劇団』にて時空を流浪。多謝。

リーディング公演『流浪劇団』

おかげさまで無事に終演いたしました。

ご来場くださった皆様、関わってくださったすべての方に感謝!!です。

本当にありがとうございました。

 

亜細亜をつなげたい!と立ち上がった友が居て

すべての韓国俳優が学ぶというパワフルな戯曲をもらい

俳優を信頼し、持ち味をどんどん伸ばしてくれる七緒さん演出のもと

勇気と自由を体現してくれる先輩がたに学び

熱心で働き者の後輩たちに感謝して

私たちを応援してくれる、音楽と光を感じ

 

本番が始まると、あれやびっくり

お客さんがたくさん笑ったり、あれまあ泣いてゆかれるかたも多く居て

 

は〜

こらもう、最高やでしかし

(唯一の集合写真。みちよどーこだ)

 

終演後、知り合いのお客さんはもとより

初めてお会いした方からもにこにこと声をかけていただいて

1時間半のこの旅で

わたしたち演者を身近に感じてくださったのかなぁと、とても嬉しく思いました。

 

 

(↓観た方にしか分からない部分ですが)

解説者とマンサクという主に2役を演じました。

もとの台本では別々の俳優が演じる設定になっていたのを

七緒さんバージョンでは、わたし一人が演じることになり

「少年マンサクが年を重ねて解説者となった」という裏設定がありました。

(めちゃくちゃ面白いでしょ!この演出で韓国に逆輸入したいわ☆この本を日本人がやるってのも、すごいし)

 

私は本番中に、ふと体に従わない形で何度も解説者とマンサクを行き来し、奇妙な旅をしました。

 

解説者役のときにも、団員たちのやり取りを見ては

昔マンサクとして柱の陰からそのやり取りを見ている感覚になったり

 

マンサクとして団員たちの中に居るときも、先輩方の熱い言葉が解説者としての血肉になっていくのを感じたり。

 

こんな、ふとした時空を超えた遊びって

俳優の最高の喜びのひとつかもしれない。

 

自由に旅をさせてくれた七緒さんや、居場所を作ってくれたいーらんさん、座組みの皆さん、そしてお客様に心から感謝です。

 

やっぱり舞台が大好きだなぁ

これからも、いっぱい笑ってほろりんと泣いてもらえるような舞台に立ち続けたいです。

 

また、たぶん来年。

どうか楽しみに待っていてください^^

 

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
「ここは台本を放すので、覚えてきてください」

またしても驚きの発言です。

 

演出の小林七緒さんが、いつもの涼しい顔で、否、いつもの涼しいしたり顔で言いました。

「ここは台本ないほうが面白いっしょ。このシーンは全部覚えてきてください」

 

リーディング。

リーディングです、ななおさん。

「読む」って意味です、ななおさん。

 

チーンと静まり返る出演者たちの体の中に、こだまが響いているのが見えます

「リーディングって、言ってたよね〜よね〜よね〜…」

 

ええ、そりゃあもう。一番の目的は『流浪劇団』の魅力を余すところなくお伝えすることですから。お客さんに楽しんでもらうことですから。覚えます、覚えますとも。覚えましょうよ、リーディング。

 

 

そう、リーディングなので、基本は、読むんです。

ただしよく考えるとそこに「動かずに」って意味は含まれていない。動きながら読んでもリーディング。

目的は、本の紹介です。理解しながら愉しんでいただくこと。

その目的のためには、動きもすりゃあ歌も歌うぜ、本も放すぜへいへいほー

 

「日本でリーディングというジャンルは未確立で、今ならまだやりたい放題♪」

と、やっぱり涼しいしたり顔で七緒さんは言います。

 

本の持ち方や体の使い方、そこまで読むんだ!?という場面

七緒式リーディングは、体が「なる〜!」って納得する感じがとても心地よくて好き。

 

来ていただいた皆様にも、

ああ、これはリーディングといふものは面白ひものだなあ!

と思っていただけるような、芝居とはまた一味違う仕掛けでお待ちしておりますよ!!ぶひひひひ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【亜細亜の骨 リーディング 『流浪劇団』】

 

日程:

9月30日(土)18:00

10月1日(日)12:00/16:00

 

会場:

Space早稲田(東京都新宿区早稲田町74番地)

 

『 流浪劇団 』(韓国)

作: 李根三

翻訳: 洪明花

演出 : 小林七緒(流山児★事務所)

作曲: 諏訪創(流山児★事務所)

出演: 荒木理恵(流山児★事務所)/石本径代(ECHOES)/岩井翔(東京ドラマハウス)/

上田和弘(流山児★事務所)/木野本啓(黒テント)/佐原由美(流山児★事務所)/竹内朋子(M.M.P)/中島幸一(劇団ひまわり)/中野英樹(コムレイド)/

みょんふぁ( 洪明花 )(CES)

 

料金: 前売 2,500円 当日 2,800円

 

チケットのお申込みは

https://www.quartet-online.net/ticket/reading201709/

 

 

さて。

台詞覚えるか…

 

 

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
「韓国のすべての俳優が通った道です」

なんですって!!!

今日のわたしのビッグニュースでした。

 

「この『流浪劇団』って、韓国の俳優全員が勉強してるんですよ」

 

稽古場で、そうそうそう言えばという風に翻訳者の洪明花(ほんみょんふぁ)が言った。

 

ええっ!!

今わたしの手の上にあるこの本を、韓国の俳優全員が読んだことがあるなんて!!なんかすごい!すごいロマンティック!!!

 

みょんふぁ、もっと早よ言うてよ〜。ほなもっと早く知り合いにそのこともお知らせしたのにぃ

それこの本、結構みんな知っといた方がいいやつやんめっちゃ勉強になるしなんか近くなれるやつやん〜

 

しかし大勢がいる稽古場でそんなどうでもいい突っ込みを口にしないくらいには大人になった私は、にわかに手元の台本が重くなるのを感じながら、ただ一人ロマンティックが止まらずにfu•fuきらきらドラムきらきらしていた。

 

ということで、もう個別にお知らせをしてしまった方もいらっしゃいますが、ここで改めてお伝えしたく、したためます。

 

ご存知のお方もござりましょうが、韓国では、大学などできちんと演劇の勉強をしないと俳優になれません。

演劇を教える大学は50にものぼると聞いたことがあります。

初めて知ったときは環境の違いにびっくりしましたが、なるほど韓国ドラマや映画を見るにつけその質の高さに納得。現地でも何本か観ましたが、演劇やミュージカル然りです。

 

そして、その数多ある学校の授業で必ず課題となって取り上げられるのが、この『流浪劇団』なんだそうです。

 

つまり、

ぺ・ヨンジュンも、イ・ビョンホンも、そしてチャン・グンソク様も

みーんなこの『流浪劇団』を学んできたんですfu•fu✨ドラム✨!!!!

 

もう一度言いますが、チャン・グンソク様もこの『流浪劇団』をチャン・グンソク様も!!fu•fu✨ドラム✨!!!!

 

その個人的なあたりは置いておいても、アジアの一員として、アジアの俳優の一人として、世界住民の一人として、そういう作品を知っておくのはとても有意義なことです。

わたくしは今回そんな作品に関われてとても嬉しいです。こんな貴重な。それも日本初上陸です。今度いつ上陸するやも分かりません。なんせ流浪してますから。

 

今回は演出家の小林七緒さんを筆頭に、力強く明るいこの『流浪劇団』というの本の面白さを、リーディングという形式で余すところなくご紹介いたします。

 

是非この機会に、9/30と10/1 スペース早稲田へといらしてください。

お待ちしてまーす!!

 

チケットのお申込みはこちらから^^

https://www.quartet-online.net/ticket/reading201709/

 

 

【問い】

今日の記事の本題は何か、答えよ

あ)『漂流劇団』は優れた脚本である

い)『漂流劇団』を見に来てください

う)チャン・グンソク様最高

 

 

 

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :