いらっしゃいませ。
ようこそお越しくださいました。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【2日目:イベント当日 シンガポールの声】 : main : 8分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
【3日目:とはいえ観光】

昨夜のイベントを真夜中に終えて、今日はゆっくりと過ごす予定。

イベントや強い光を浴びた後は、存分に身体のわがままを聞いてあげることにしている。

 

目が覚めてもベッドでごろごろ。

朝食付きがもったいないので、身なりをなんとなく整えてフロント階へ。

 

数々のバイキングをよそ目に、今日はお粥さんだけ。ピータンと卵、ピクルス、ガーリックフライ?をトッピングして、ゆるゆるといただく。うまい。おかわり。しみる。

 

同じ時間に朝食に来ていたプロデューサーと、きのうのイベントについて感想を言い合う。

 

部屋に戻ってまた大きなベッドでごろごろ。冷房を切っても部屋の中が寒いので、吐き出しになった窓を開けて外の暖かい空気を迎え入れる。ベランダの向こうのキラキラしたプールを、今日も眺めるだけ。

 

夕方から、友人が外へ連れ出してくれた。

 

何が食べたい?と聞かれ「フォー」ベトナムです。ごめんね、シンガポール来てるのに。フォーが食べ物の中で一番好きなんです。

ここでもやっぱりストローは紙製で、気分良く。

 

街の中心にある文化総合施設をぶらつく。

劇場やコンサートホール、常設の無料コンサート会場、野外コンサート場、ショップ、図書館も併設され、たくさん人がいる。かなり開かれていて、劇場という場所をたくさんの人が身近に感じそうだなぁ。日本同様、リア王も。

 

 

劇場の近くにマーライオンがいる(ある?)ので、とりあえず見ておこうと向かうも工事中。あらま。じゃあセントーサ島にもマーライオンいるからとタクシーで南の島へ。

 

タクシーが本当に安くて便利。みんなアプリを入れていて、スマホで手配、行き先を入力し、なんなら支払いもする。

車が来たらただ乗るだけだ。しかも早い。「タクシー呼んどいたから」と言われた5分以内には大体もう乗ってる。

 

別れ際に私だけを乗り込ませ、じゃあねバイバイと手を振り、降りるとき支払いをしようとすると「もう貰ってますから」と言われる、というなんともニクい演出も何度か体験した。惚れてまうやろ。

 

電車は東京都内より少し安くて、30分乗っても180円とか。

日本と似てるようで少しずつ違うなぁと思ったのは

・エスカレーターがめちゃくちゃ速い。渋谷駅に「このエスカレーターは他より少し速くなっています」ってアナウンスされてるやつがあるけど、比じゃない。ゴウゴウと進みます。お子ちゃま、ご病気ご老体のかたは大丈夫なのかしら

・若者がすぐに席を譲る。年配の方を見た瞬間に迷わず、続々と

・座席はプラスチックみたいなやつ。粗相をする人がいても汚れ知らずで安心

・座席のない車両がある

 

話を戻そう。

タクシーの運ちゃんに「セントーサ島のはゴジラぐらい大きいよ」と言われたビッグマーライオンにご挨拶。デカイわ。調べると、このマーライオンは35メートル、ゴジラはこの3倍の118メートルとのこと。そら私も死にますわ。

 

夜は韓国焼肉。ごめんね、シンガポールなのに。フォーの次に焼肉が好きなの。

大皿に盛られた牛肉のスライスを店員さんが持ってきて、無言でががーっと投入。いっぺんに焼くのね。豪快。あとのほう、確実に焦げるか冷めるよね。

 

観光は気が向かないと言いつつ、こうして引っ張り出されるのは悪くない。

現地の案内人はやはり心丈夫だな。

前回も今回も、様々な形で救われています。

誰かが東京に来たときは、私も心づくしのおもてなしをしよう。優しくされた経験が、ひとを優しくさせるのかしら。

恩送りを、世界中に!

- : comments(0) : - : 石本径代(いしもとみちよ) :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする